名古屋にある「KOMBUCHA」の魅力とは?気になる情報を解説

名古屋にある「KOMBUCHA」はいろいろな種類のKOMBUCHA(コンブチャ)が楽しめる話題のカフェ。KOMBUCHAはちょっと変わったドリンクなので、聞きなれない人も多いと思います。

ですが実は美容や健康に関心が高い人たちに好まれ、さまざまなアレンジメニューも存在している注目のドリンクなんです。

「KOMBUCHA」ってどんなカフェ?KOMBUCHAの魅力って?それぞれの魅力を分かりやすく紹介していきます。

KOMBUCHAの特徴

KOMBUCHAは、フルーティーな香りが特徴のKOMBUCHA(コンブチャ)を提供する専門カフェです。

「どんな料理にも合う」「思わず乾杯したくなる」がコンセプト。ドリンク類のほか、旬のフルーツを使ったメニューが充実しています。

KOMBUCHAのドレッシングを使ったサラダも人気。店内での飲食が可能で、一部の商品を除き持ち帰りにも対応しています。「東海ウォーカー」「月刊KELLy」などの雑誌でも紹介されたKOMBUCHA。

名古屋のホットスポットとして、これからますます人気になっていくことが予想されます。

​KOMBUCHAとは?

KOMBUCHA=昆布茶と思われがちですが、実際は全く異なる飲み物です。KOMBUCHAとは、Scoby(スコビー)と呼ばれる酵母菌と酢酸菌の菌床を使用し、紅茶や緑茶などを発酵させてできたドリンクです。

近年になって注目されている発酵食品と同じく、豊かな栄養を備えています。プロバイオティクス・ビタミンB群・有機酸などが含まれ、カロリーも控えめ。

またむくみの解消・腸内環境の改善・代謝の向上が期待できるとされ、健康や美容に興味がある人たちに注目されています。代謝を促すことから、ヨガやスポーツとの相性が良くサポート飲料としての活躍にも期待。

スポーツをする人たちの傍に置いておきたいドリンクです。ちなみにKOMBUCHAはその昔、紅茶キノコとして日本で大ブームを引き起こしました。再ブームが期待されるKOMBUCHAから、目が離せません。

​メニュー 「KOMBUCHA」テイクアウトOK

+KOMBUCHAの看板商品であるKOMBUCHA。和紅茶・かぶせ茶・ジャスミン茶といった、さまざまなKOMBUCHAが楽しめます。その他にスパイスやフルーツをブレンドさせたドリンクも。

自分の好みやその日の気分に合わせたKOMBUCHAを購入することができます。

メニュー「Fruit Punch」テイクアウトOK

三重県産の和紅茶で作ったKOMBUCHAに、旬のフルーツを漬けた色鮮やかな一品。ゴロゴロとしたフルーツは食べ応えがあり、ちょっと小腹が空いたときに食べるメニューとしても向いています。

フルーツを食べた後に器の底に残ったKOMBUCHAは、炭酸で割って美味しく再利用。KOMBUCHAの美味しさを、2度味わうことができるお得なメニューです。

メニュー「Side Menu」テイクアウトOK

サイドメニューには、旬の野菜を使ったサラダやスープが用意されています。ドレッシングには、KOMBUCHAを使用。肥料にこだわった畑で作られた、色とりどりの野菜を気軽に楽しむことができます。

メニュー「Beer」テイクアウトOK

キンキンに冷えたビールが用意されています。さわやかですっきりとした味わいが特徴のハートランドも選択可能。仕事帰りや暑い夏の時期に楽しみたいメニューです。

メニュー「Kombucha Liquid」

数量限定で予約販売されているKOMBUCHAの原液です。自分でドリンクをアレンジする・好きなサラダにかけるなど、さまざまな方法で活用できます。

人にプレゼントすれば、ちょっと珍しい贈り物として喜ばれるでしょう。販売されているのはKOMBUCHAの原液・ブレンドKOMBUCHAの原液の2種類です。

KOMBUCHAの原液は、KOMBUCHAの公式サイトからも注文することができます。一部の商品は定期購入も可能。毎週・隔週・1か月毎から選択します。

何度もお店に足を運ぶのが難しい人は、通販を利用するのも1つの方法といえるでしょう。

あなたにオススメの記事