名古屋メシなら迷わず名駅周辺で!おすすめ5店を制覇

名古屋メシにトライしたいなら名駅がおすすめ。名古屋メシを初心者のために名古屋メシについて説明し、特に味わってほしい名古屋メシ5種とイチオシの名駅にあるレストランを紹介します。

名駅とは

中部地方で最も大きな名古屋駅周辺には「名駅」という地名が広がっています。名古屋駅の東側に当たる場所で、中村区名駅1丁目〜5丁目、西区名駅1丁目〜3丁目です。ここでは名古屋メシと呼ばれる名古屋グルメが食べられる気軽に入れるレストランが並びます。乗り継ぎだけに名古屋駅を利用する時間がほとんどない人も速攻で食べたりお土産に購入したりが可能です。

名駅周辺のメシ事情

名駅にあるレストランの特徴は庶民の味方。旅行が倍楽しくなる名駅のメシ事情は魅力的です。

安いランチもボリュームタップリ

1,000円前後で満足感のある食事ができます。ボリュームタップリの鍋焼きうどんや副菜の小皿がたくさん並ぶ定食など。ワンコインランチのあるお寿司屋さんやうどん屋さんもおすすめです。かなり贅沢なメニューも2,000円前後ですから、知らないレストランに気軽に入れます。

いわゆる名古屋メシのレストランが勢揃い

名古屋は独特の食文化があります。味噌煮込みうどんや味噌カツ、味噌おでん、きしめん、ひまつぶしなどです。名駅には名古屋メシのレストランが駅ビルや駅構内にあります。主な駅ビルは、54階建の「JRセントラルタワーズ」や「JRセントラルタワーズ」、「JRゲートタワー」など高層ビル内で名古屋メシのレストランが見つけられます。

名店ぞろい

名古屋には、あまり有名ではなくても美味しいお店が点在していますが、自分で見つけるのは大変です。しかし、名駅周辺の高層ビルには人気店の支店がたくさん。そのため、ハズレがないのでおすすめです。

代表的な名古屋メシとおすすめレストラン

名古屋メシは種類が多すぎてどれを食べていいかわからない場合、次に紹介する5種類を選べば大丈夫です。名古屋らしい料理で、満足感も高いはず。名駅におすすめレストランがありますからぜひ味わってください。

ひまつぶし

ひまつぶしは、うなぎの蒲焼を利用した料理です。おひつなど大きめの器にご飯を入れ、うなぎの蒲焼が蒲焼がのった状態で提供されます。各人が、お茶碗に取り分けていただきます。その際、添えられたわさびや刻みネギなど薬味で味の変化を楽しみましょう。異なる薬味を使ったり、お茶漬けにしたりできることが、ひまつぶしの人気の秘密です。

名駅周辺にはひまつぶしが美味しいお店が点在していますが、おすすめは名古屋にしかない「う家」です。瑞穂区に本店があり、名駅店はかに家ビル1階です。う家の蒲焼は関西式に蒸さずに炭火で焼いています。そのため、皮がパリッとして濃厚なこってりした味わいです。

基本情報

住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-4-16 かに家ビル1階

電話:052-581-1111

アクセス:『名古屋駅』から徒歩5分

営業時間:月〜金11:30〜15:00、17:00〜21:30、土日祝11:00〜 21:30

公式サイト://www.hitsumabushiuya.com//

きしめん

きしめんは薄く平たい「うどん」のことです。農林規格ではうどんと区別され、「きしめん」という項目があります。名古屋メシの中ではもっとも歴史がある食べ物です。きしめんの形状は、厚さ1mm、幅7~8mm位が一般的。薄くのした麺類は茹で時間が短いのですが、茹でた後でのびるのが早いのがデメリットです。しかし名古屋のきしめんは、濃い塩水を使うなど工夫を重ね、のびにくくしています。薄いので噛みやすい反面、弾力があることが特徴です。

一般的な食べ方は、ゆであげたきしめんに、「たまり」で味付けしただしをかけて、青味、味付けあげ、かつおぶしをたっぷりのせます。味付けに醤油ではなく「たまり」を利用しています。たまりは醤油とは異なります。醤油はマイルドにするために大豆と小麦粉を半々にして醸造しますが、たまりは大豆100%。コクがあることが特徴です。

きしめんのおすすめは立ち食いの「住よし JR名古屋駅・新幹線下りホーム店」、「在来線上りホーム店」です。注文してからほぼ1分で出てくるスピード感にも定評があります。新幹線ホーム店はすぐに食べられるように、メニューが絞られていることがスピードの秘密です。名古屋に到着した際にぜひ味わってください。

基本情報

住所:名古屋駅新幹線ホーム

電話:052-586-0624

アクセス:『名古屋駅』新幹線ホーム

営業時間:06:00~21:30

公式サイト://jt-s.net/

味噌煮込みうどん

名古屋で地元の人が特に日常的によく食べる名古屋メシが味噌煮込みうどんです。鰹節たっぷりの出汁を使った味噌じたてのつゆと塩を使わない小麦粉と水で作った太めうどんを使います。一人前ずつ小さな土鍋で作り、煮えている状態で供されます。

ほうとうや鍋焼きうどんを思い浮かべますが、コクや香り、歯ごたえが全く違います。濃厚な味付けに魅了されること間違いなしです。味噌煮込みうどんのレストランは数多いですが、名古屋の人がおすすめするのは1925年(大正14年)に創業した老舗「山本屋本店」です。

山本本店は、名古屋コーチンの肉や卵を使うこだわりのある味噌煮込みうどんを作っています。季節限定メニューなどメニューも豊富。山本屋本店は名古屋市を中心に13店あり、名駅には名古屋駅地下街ユニモール6番出口を出てすぐのところにあります。

基本情報

住所:名古屋市中村区名駅3-25-9 第1堀内ビル地下1階

電話:052-565-0278

アクセス:『名古屋駅』地下街ユニモール6番出口

営業時間:11:00〜22:00

定休日:堀内ビルの休館日に準ず

公式サイト://yamamotoyahonten.co.jp/

台湾ラーメン

台湾ラーメンは、台湾で食べた麺類を再現しようとした結果生まれた、名古屋独特のラーメンです。豚挽き肉やニラ、長ねぎなどをたっぷりの唐辛子と一緒に炒め、醤油ベースの鶏ガラスープを茹でた麺に加えています。とにかくピリッと辛く、辛いけど味に深みがあることが特徴です。

台湾ラーメンのルーツは千種区今池にある台湾料理専門店「味仙」といわれます。台湾の担仔麺(タンツーメン)をベースにして従業員用に作ったものだったのですが、常連さんが食べたいと言ってメニューに加えたのが始まりです。もちろん台湾ラーメンと同じ料理が台湾にあるわけではありません。最初は味仙の裏メニューでしたが、80年代後半の激辛ブームの頃から注目を浴びるようになり、名古屋メシの一つとして今に至ります。

台湾ラーメンおすすめは味仙JR名古屋駅店です。ラーメン屋さんではなく台湾料理レストランなので台湾ラーメン以外の料理の種類が豊富。ピータンや青菜炒め 、ヒメ竹炒めなどを楽しんでください。

基本情報

住所:名古屋市中村区名駅1-1-4

電話:052-581-0330

アクセス:『名古屋駅』太閤通南口より徒歩約2分

営業時間:11:30~21:30

公式サイト://www.misen.ne.jp/

あんかけスパゲティ

名古屋メシは名古屋人の食に対する追求とオリジナリティーの結果ですが、その中でも特にオリジナル性が高い名古屋メシがあんかけスパゲティです。1960年ごろに愛知県全体に広まったといわれ、名古屋では略してあんスパと呼ばれます。

特徴は、イタリア家庭料理のミートソースを日本人好みアレンジしたピリッと辛いソースが太い麺に絡んでいること。パスタの太さはなんと2.2mmの極太麺もあります。このピリ辛のソースは提案した人の名前がついて「ヨコイのソース」と呼ばれ、レトルトになって名古屋のスーパーなどで販売されています。

あんかけスパゲティのレストランでおすすめは創業50年以上の「スパゲッティ・ハウス ヨコイ」です。名駅では KITTE名古屋B1Fにあります。メニューを選ぶために少しだけ知識が必要です。ウィンナーやハム、ベーコンを使用したトッピングがミラネーズ、野菜のトッピングがカントリーと呼ばれます。ふたつを合わせたトッピングがミラカン。ミラネーズに大きなエビフライがのっているあんかけスパゲティなど、ボリュームタップリのメニューがいろいろあるのでお気に入りを見つけてください。

基本情報

住所:愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋 KITTE名古屋B1F

電話:052-433-1641

アクセス:名古屋市営地下鉄「名古屋」駅 直通

営業時間:平日11:00〜23:00、土日祝11:00〜23:00

公式サイト:https://yokoi-anspa.jp/

名古屋メシを味わうなら名駅で

名古屋メシの中でも特に味わっていただきたい5種類の名古屋メシとイチオシの名駅にあるレストランを紹介しました。この5種類の名古屋メシを食べたらきっと名古屋メシのファンになるはずです。紹介しきれませんでしたが、名古屋メシにはまだまだ種類がたくさんあります。そして食を追求する名古屋人は今日も新しい料理に挑戦しているはずです。

あなたにオススメの記事